最近では爬虫類をペットにする方も多く、中にはウォータードラゴンを飼育している方もいるのではないでしょうか。

ウォータードラゴンとは見た目はイグアナにも似ていますが、イグアナなのでしょうか?

違うのであれば何が違うのでしょうか?

今回は、ウォータードラゴンとイグアナの違いについて調べてみました。

ウォータードラゴンとイグアナの違いは?

ウォータードラゴン イグアナ 違い

ウォータードラゴンとイグアナの違いは種が違うのです。

実際にウォータードラゴンはアガマ科で、イグアナはイグアナ科なのです。

ウォータードラゴンは中国から東南アジアにかけて分布していて、肉食傾向の強い雑食性となっているのです。

それに反してイグアナは中南米に分布していて、草食性となっているのです。

大きさはイグアナの方が大きく、ウォータードラゴンの場合は1mは超えない様です。

スポンサードリンク

どちらの方が飼育しやすいのか?

ウォータードラゴンは比較的に大人しい性格ですが、イグアナの場合はなかなか気性が荒いです。

その為、初心者の方は大人しい性格のウォータードラゴンの方がオススメだと思います。

大きさもウォータードラゴンはイグアナと違ってそこまで大きくはならないので、飼育しやすいのではないでしょうか。

いい湯だな〜♫ハハハーン♪いい湯だな〜🎶 #ウォータードラゴン #爬虫類

たかしさん(@takashi2507)がシェアした投稿 –

まとめ

ウォータードラゴンとイグアナをしっかりと比較をすることによって、どちらを飼育したいのかを明確にすることができるようになるので、しっかりと知っておくのはとても大事なことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク