多くの人が飼育していて人気のあるイグアナですが、飼育の際に気を付けなければいけないこともあります。

正しい飼育方法を学び、理解することで万が一の時にも冷静に対処できるのではないでしょうか。

今回は、その中でも卵詰まりの原因について調べてみました。

イグアナの卵詰まりとは?

イグアナ 卵詰まり 原因

イグアナのメスを飼育している人で実際に卵詰まりを経験したことがあるという人も少なくはないのですが、卵詰まりは実際に起こりうる事があるので、まだ卵詰まりの経験をしたことがないという人でもしっかりと知っておくことがとても大事なのです。

卵詰まりは必ずしも起こるということではないのですが、卵詰まりが起こってしまった場合はすぐに処置をすることが大事です。

通常イグアナの場合は1月から5月に20から60個ほどの産卵をするのですが、産卵をする時期になってもなかなか産卵をしなかったり、全くしないということがあるので、そういった場合は卵詰まりを疑ってみましょう。

卵詰まりを放置をしてしまうと命の危険にもなりますので、産卵をする時期になっても卵を産まないという時にはすぐに確認をしてみることがとても重要なのです。

スポンサードリンク

卵詰まりの原因は?

実際に卵詰まりが起きてしまった時の原因ですが、原因は一つとは限りません。

紫外線不足、カルシウムやビタミンなどの栄養不足、水分不足などといった様な複数の原因が考えられ、そのうちの一つまたは複数の原因によって引き起こされます。

卵詰まりが起きてしまった場合は、正しく飼育をしているのかを確認をしてみるということが大事なのです。

まとめ

実際に卵詰まりというのは必ずしも起きるとは限らないのですが、起きてしまうことも考えられるので、通常の産卵時期になってもなかなか卵が産まないといった場合にはすぐに様子を見るとともに、病院に連れて言ってみるということがとても大事なのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク