イグアナを飼育したいと思っている人はとても多く増えているのですが、イグアナを飼育する上でとても大事なことはオスを飼育するのかメスを飼育するのかがとても大事な事でもあり、重要な決断でもあるのです。

イグアナのメスは一匹で飼育をしていても卵を持つようになるため、将来的にどうしたいのかがハッキリと決まっていないという人はメスではなく、オスのイグアナを飼育するのがいいのではないでしょうか。

将来的に繁殖をさせたいと思っている人や、卵を見てみたいと思っている人はメスのイグアナを飼育するという決断をするということもとても大事なことでもあるのですが、そのためにはまずはオスとメスの見分け方がとても大事なのです。

見分け方を知らないとどちらなのかが分からなくなってしまう為、しっかりと知っておくことがとても大事なのです。

オスとメスの見分け方は?

イグアナ オス メス 見分け方

オスとメスの見分け方は、実際は小さいうちからでも見分ける事は出来る様です。

しかし、それはプロの専門家の人で、素人の人ではなかなか見分けることはとても難しいことでもあるのです。

雄はたてがみの長さが雌に比べて伸びている為、たてがみが長いと判断をすることが出来たら、それがオスなようです。

注意をしなければいけない点として、イグアナによってはメスの方がたてがみが長いということもあるので、正確な見分け方をするのはとても難しいことでもあるのです。

スポンサードリンク

ペットショップではどうやって見分けるのか?

素人でイグアナがオスなのかメスなのかを見分けることがとても難しいというのならば、予めオスとメスをハッキリと分かれているペットショップではどうやって見分けているのでしょうか。

ペットショップでは、テスト棒という物を使って調べるのです。

その為、見分けることができるそうです。

まとめ

テスト棒とはお尻の穴に棒を入れて、奥まで入れば男の子、入口あたりで止まってしまうと女の子と判断をすることができるようになっているのです。

しかし素人の方がやろうとするととても危険な行為なので、絶対に行ってはいけないのです。

オスとメスを知ることが出来れば、飼育をする上で不安に思いながら飼育するということは無くなるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク