イグアナの行動手段に、首振り(「ボビング」という場合もあります)があります。

首を縦に振ったり横に振ったりすることによって、自己アピールを行います。

それでは、その縦振り、横振りによってどのような違いがあるのか、以下で説明していきましょう。

首振りは自己アピール

イグアナ 首振り 理由

細かく分けると数に大差はあると思いますが、大きく分けるとイグアナの首振り(ボビング)には以下の4つが挙げられます。

まず最初に、一度だけの上下の首振り(英語では、Head Jerkと言います)ですが、これは自分自身の周囲を確認するための動作です。新しいものや、何か変わったものなどを発見したりすると、この行動をとります。

次に、上下の首振りを何度か行う行動(英語では、Signature-Bobと言います)ですが、これは威嚇のようなものです。自分自身を誇示する表現で、オス同士が近くにいたりすると行われます。

3つ目に、2つ目と動作自体は同じになりますが、上下の首振りが小刻みに行われる動作(英語では、Shudderと言います)があります。これは、オスとメスが3メートル以内の範囲にいる場合に見られます。ただし、これは求愛行動ではありません。

4つ目は、上下の首振りに加えて左右にも首を振ります(英語では、Rollと言います)。これは、発情期のテリトリー主張や、求愛行動の際に見られる動作です。

スポンサードリンク

イグアナの首振りでオスかメスがわかる?

これは、残念ながらわかりません。

上記に書いた、4番目の行為でオスだと決める方もいるようですが、実際のところメスも同様の動作をする場合があります。

実際にこの首振りは、大人になってくるとよく見られる行為なので、その頃には首振りではなくてもオスメスの判断が出来るようになっているでしょう。

まとめ

実際には、上記の首振り以外にも様々な首振りがあります。

育てていく上で色々と新たな発見もあることでしょう。

インターネット上のコミュニティなど(もしくは、ペットショップでのコミュニティ)を利用して、飼い主さん同士で情報交換をするのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク